ガーメントプリント(ダイレクトインクジェットプリント)のチェックポイント

・解像度の低いデータは製版出来ません。
 →画像データの場合、実寸(製版=プリントするサイズ)で200dpi以上無いデータはお断りします。
 ※下記フォームからデータをお送り頂ければ、製版できるか否か確認してご連絡を差し上げます。

    ・入稿データは実寸で作成し、トンボを付けて入稿してください。

    ・著作権、肖像権を侵害する恐れのあるデザインに関してはご注文完了後であってもキャンセルさせて頂くことがあります。

    ↑白以外のTシャツにプリントする場合、インクをTシャツ本体に定着させる為の前処理が必要です。プリント前に接着剤のような役割を果たす前処理剤をTシャツに塗布します。前処理剤を塗布した部分の色が濃くなりシミのように見える事があります。特に黒やネイビー等の色の濃いTシャツにプリントする場合は目立ちやすいです。製造過程で必ず起こる事で、不良ではありません。前処理剤はは洗濯して頂くと落ちます。
    黒やネイビーのTシャツはTシャツ本体の色が影響してプリントが暗めに見えます。